貿易事務セミナーの内容|採用数を増やす会社が多くなっているIT関係の仕事について

セミナーで貿易事務の仕事についてを学ぼう

貿易事務について知ろう

貿易関係の仕事の中でも、人気な職業が貿易事務です。他の職種に比べて就職しやすいことも魅力の1つで、やりがいも大きく誰でも目指すことができます。

貿易事務で身につくスキルベスト3

no.1

英語スキル

貿易事務の仕事を通して身につくスキル堂々の一位は、「英語スキル」です。貿易事務では、英語でのコミュニケーションが必要になります。そのため、仕事をしていくうちに自然と英語の能力はあがっていくのです。

no.2

貿易に関する知識

二番目に身につきやすいスキルが貿易に関する知識です。世界は貿易で成り立っています。そのため、貿易に関する知識は仕事だけではなくプライベートでも役に立つことがあるでしょう。また、貿易に関する知識だけではなく、貿易事務を通して世界情勢にも詳しくなります。

no.3

事務処理能力

貿易事務の仕事を通して身につくスキル第三位は、「事務処理能力」です。貿易事務と呼ばれるように、事務処理能力は貿易事務では必須のスキルです。パソコンの操作から、書類の作成まで、転職の際にも使える事務処理能力を身につけることができます。

貿易事務セミナーの内容

講師

貿易関係の知識

貿易事務に就職したい方のために開催されるセミナーでは、貿易関係の知識を勉強することができます。独学では、習得することが難しい知識でも、セミナーなら頭に入りやすく、質問もできるので効率的に貿易関係の知識を身につけることができます。

コミュニケーションスキル

貿易事務で仕事をするにはコミュニケーションスキルも身につけておかなければなりません。世界中のスタッフと連絡をとりあうため、的確に受け答えしたり、報告したりする能力が必要になります。セミナーでは、仕事に必要なコミュニケーションスキルも同時に学べるので、実際に働き始めた時でもスムーズに業務を進めることが可能になります。

英語スキル

英語スキルは、貿易事務員には必須のスキルです。TOEICや英語検定などの客観的な指標を持っておくと採用がされやすくなります。また、貿易関係の専門用語も英語で覚えなければならないため普通の英語勉強よりも難しくなります。しかし、セミナーを受けることで英語スキルも伸ばすことができます。英語スキルは学んでいる最中は大変ですが、一度習得すると、仕事だけではなくプライベートでも使えるため勉強しておいて損はありません。

広告募集中