主な貿易関係の仕事|採用数を増やす会社が多くなっているIT関係の仕事について

セミナーも受けられる貿易事務や通関士の仕事を知る

主な貿易関係の仕事

セミナー

通関士

貿易関係の仕事で最も有名な職業が通関士です。通関士は、貿易にとって無くてはならない仕事です。品物の輸出・輸入の際に必要となる手続きや申込みを代行する仕事になります。メーカーや商社など、たくさんの企業が貿易をするときに通関士を必要とします。

貿易事務

貿易事務も、通関士と同じように貿易に関する手続きを行ったり、書類を作成したりすることが仕事です。貿易事務には、高い英語スキルと貿易に関する知識が必要とされます。また、関わる企業によって仕事内容も変わってきます。航空会社ならば航空系の知識が必要になり、メーカーならそのメーカーが取り扱っている商品の知識が必要になります。そんな貿易事務は、未経験の方に向けてセミナーを開催している会社もあります。興味があるなら、受講してみるといいです。

商社マン

数多くある仕事の中でも、高いスキルが必要とされ、高給料がもらえると有名な商社マンも貿易関係の仕事をしているといえます。特に大手商社ならば、世界中からあらゆる商品を売買して企業間のパイプ役を担っています。仕事のスケールも大きく、大変ですが多くのやりがいを感じられる職業です。

貿易事務に関するQ&A

貿易事務は未経験でもできる?

貿易関係の仕事の中でも、貿易事務の仕事は未経験から始めやすい職業です。貿易事務で働きたい方のために、セミナーを開催しているところもあります。しかし、企業によっても採用の条件などが違うので、まずはインターネットで調べてみましょう。

広告募集中